伊藤英明の風邪を引いたときの対処法がワイルドすぎるwww 「さすが海猿」


10月15日に放送されたバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、俳優の伊藤英明が独自の風邪撃退法を明かし、TOKIOのメンバーたちを驚かせた。



伊藤はこの日、TOKIOが用意したプライベートに関する質問に次々と回答。山口達也から「体温が何度になったら薬を飲む?」「タフなイメージだから」と質問されると、少年時代は体が弱く、頻繁に入院していたことを明かした。

伊藤によると、小学校のときは入退院を繰り返し、学校には半分ほどしか通えなかったそう。毎日体温や血圧を計り、点滴を打たれる生活を送っていたため、今では病気を疑ってもなるべく目を逸らすようにしているという。

そのせいか、風邪を引いたときの対処法も独特。伊藤は「熱あるなと思ったら水風呂入って、自分の体温が上がった状態で毛布にくるまる。それで治す」と話し、TOKIOのメンバーたちを驚かせた。

国分太一が「すげー!だって体調悪いんでしょ?」と尋ねると、伊藤は「長い時間入らないですけど。だいたい1分を3回くらい」「体がブワーッてなってから加湿器回して」と説明。国分は水風呂だけで風邪が治るのか疑心暗鬼の様子だったが、伊藤は「治ります」と答えていた。

伊藤のワイルド過ぎる風邪撃退法は、ネットの視聴者たちもビックリ。ネット上には「タフ」「水風呂とか絶対体壊すし絶対悪化するだろ」「さすが海猿」「体が弱かったですって?海猿がばかおっしゃいな!」「かっこいいなー」などの声が集まっていた。



https://youtu.be/a6wmyJFtvfY


■参照リンク
『TOKIOカケル』公式サイト(毎週水曜夜23時より放送)
http://www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/index.html

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む