TOKIO・城島リーダーの失恋話がガチすぎると話題に 「つらすぎる・・・」「リーダー頑張れ!」


10月15日に放送されたバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、TOKIOの城島茂が最近の失恋話を披露。その内容がガチすぎると、ネット上で話題を集めている。


番組ではゲストの伊藤英明に、TOKIOが用意した質問を次々とぶつけた。「今まで女性に言われて一番ショックだった一言は?」との質問が読み上げられると、伊藤は「みんな嫌だと思うけど『小っちゃいね』『せこいとか』」と回答。TOKIOのメンバーたちは「あー」と納得の声を上げた。

だが、城島は神妙な表情になり「逆に言って欲しいってことはあったね」とポツリ。ほかのメンバーたちが「どういうこと?」と尋ねると、城島は元カノとの悲しいエピソードについて話し始めた。

城島によると、その彼女は「地元に帰る」と言ったにも関わらず、住んでいるマンションの部屋には灯りがついていたという。城島は気のせいかなと思いつつインターホンを押すと、彼女の「はーい」という声。部屋に行き「あれ帰ってたんちゃうの?」と尋ねると、彼女は何も言わず土下座したという。

「帰ったというのはウソで、心は次の男へいっていた」と悲しい出来事を振り返る城島。だが、これを聞いた松岡昌宏は「そんなガチいいよ!」と大声で叫び、しんみりとした雰囲気を断ち切っていた。

これを観た視聴者たちは、城島のぶっちゃけトークにビックリ。ネット上には「想像よりヘビー」「つらすぎる...涙」「失恋話が本気すぎた」「ガチ話し〜ビックリ」「最後に寂しいことぶっこまないで...w」などのコメントや、「元カノ話重すぎる...リーダー頑張れ!」と応援する声が集まっていた。

■参照リンク
『TOKIOカケル』公式サイト(毎週水曜夜23時より放送)
http://www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/index.html

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む