ポケモン最新作への期待マックス!開発を手掛けるゲーム会社に任天堂、グーグル、ポケモン社から巨額資金調達


ビデオゲーム『Ingress』で一躍有名になったゲーム開発会社、ナイアンティック社。先日スマホ向けのポケモン最新作『Pokémon GO』の開発を行うパートナーとして発表されたばかりだが、この度「グーグル」、アメリカのポケモン子会社「ザ・ポケモン・カンパニー・インターナショナル」、「任天堂」の関連3社から最大3000万ドル(約35億6000万円)という巨額の資金調達があったことを明らかにした。


今回の発表によると、初回投資分の2000万ドルの投資に加え、予定されているプロジェクトが遂行された場合の追加投資に1000万ドルを予定しているという。

「リアルワールドで体験できるポケモン」と話題の『Pokémon GO』は世界中のファンからもかなり期待値の高いビッグタイトルとして熱い視線が注がれている。リアルワールドをゲームの舞台にした陣取りゲーム『Ingress』のノウハウを持つナイアンティックが任天堂とポケモン両者とタッグを組むばかりではなく、資金を調達することによりさらなる成長が期待される。

https://youtu.be/lKUwVYUKii4


■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む