スペインリーグの冠スポンサーに日本のマツダが急浮上!「ラ・リーガZoom-Zoom」にならないか心配の声


スペイン・リーグ、リーガ・エスパニョーラの冠スポンサーに日本の自動車メーカー、マツダがなることがスペインの主要メディア「エル・パイス」によって報じられた。


これまでBBVA(ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行)が、長年1部リーグ、2部リーグ他全てのスポンサーをつとめてきたが、今シーズンをもって契約が終了。来年以降のメインスポンサーにマツダのスペイン法人が急浮上し、来年8月以降の新シーズンの顔となるという。

今後「ラ・リーガ・マツダ」なるリーグタイトルの誕生が予想される。長年「ラ・リーガBBVA」という名前が定着していたために、「ちょっと変な感じはするね」と違和感を述べる感想もあるが、「むしろこれまでのBBVAよりも語呂も響きもいいだろ」「ラ・リーガ・フォルクスワーゲンじゃなくて良かった」「どこがスポンサーでも構わないだろ」や「そもそもBBVAが銀行の名前でスポンサーであることすら知らなかった」など、スポンサーが聞いたらガッカリするようなコメントが相次いでいる。

さらに「リーガの2部は『リーガ・アデランテ』って名前で、銀行のキャッチフレーズを強引にねじ込んでいる感じが最悪だった」「もしマツダが内定したら『ラ・リーガZoom Zoom』になるんじゃないのか?嫌な予感がする」という意見も出ているが、われわれ日本人は、「Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島」というスタジアムのネーミングを知っているだけに、ちょっとヘンな汗が出てきそう。UEFAチャンピオンズリーグの公式スポンサーなど日本企業の実績があるとはいえ、海外のビック・リーグのメインスポンサーをつとめるのは今回が初。公式発表が非常に気になるところである。

https://youtu.be/ePWmWghUQp0


■参照リンク
Fútbol: Mazda se convierte en el nuevo patrocinador de la Liga | Deportes | EL PAÍS

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む