2015年12月に地球に惑星が衝突して滅亡する?謎の惑星Xが激突予定(らしい)


地球滅亡説は日々世界のどこかで誰かが唱えている。最近でいうと「マヤ暦2015年9月3日に人類は滅亡する」というものや、有名なものだとノストラダムスの予言などなど。そしていま新たに浮上している滅亡説は「2015年の12月に惑星が衝突して地球が滅亡する」というものだ。



UFOや地球滅亡ネタなどが満載の『Before It's News』は9月28日か10月7日に地球滅亡を設定していた。その日はすでに過ぎてしまったにもかかわらず、今度は有名ブロガー、ブルセールが「12月になるまでに、惑星Xの衝突、破壊者の地球来襲など数々の脅威が訪れる」とパニック映画さながらの予言を行っている。ブルセールの主張は「マヤの黙示録」にある「地球にニビル惑星が追突する」という記述に基づいているというが、UFO調査マニュアルの著者、ナイジェル・ワトソンは、「彼が主張している惑星はすでに火星と木製の間にあった『ティアマト』という惑星に衝突し、それが今の地球と周囲の惑星だ」と反論。

もうファンタジーすぎてカオス状態。随分昔からNASAもその存在を主張している謎の「ニビル惑星」。どうやら、今回の滅亡説は、太陽系を楕円で軌道しているというこの惑星が、地球の軌道上に現れ正面衝突するということらしい。研究家によると、このところの天変地異や異常気象も2012年12月頃のニビル惑星の急接近が原因だとのこと。

そんなこと言われても人類が何かできるという話ではない。とりあえず言えることは「今年はクリスマスの飾り付けをしても無駄無駄無駄!!!人類は滅亡するのだから」ということだ。

■参照リンク
NIBIRU PLANET X ~ The BEST EVIDENCE to DATE ~ UPDATE SEPT.2015! - YouTube
https://youtu.be/hw7IY6VUDwM

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む