「プレイボーイ」誌のセクシーモデルが『スターウォーズ』のキャラクターになったら?【動画】




セクシーグラビア&映像で世界中の男性に愛される<Playboy>。最近では「ヌード写真の掲載を廃止する」という報道で方向転換がささやかれているが、こちらの映像もその一環なのかも!?

https://youtu.be/_eHNTh9hUzU


「スター・ウォーズ:蔵出しオーディション サラ・ジーン・アンダーウッド」というタイトルの動画では、2007年の「プレイメイト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたサラが体を張って、『SW』のキャラのコスプレに次々と挑戦している。

レイア姫の"奴隷ビキニ"を筆頭に、ルーク・スカイウォーカーに扮した際には、監督の指示通りに「だけど、パワー・コンバーターを取りにトシ・ステーションに行ってたんだ」というセリフをセクシーかつ駄々っ子のように言うサラ。さらに、顔と腕意外がセクシーなアクバー提督や、特殊メイクでジャバ・ザ・ハットの執事ビブ・フォチューナ、そして定番のストームトルーパーに扮している。

サラは他にも、ヨーダやR2-D2のコスプレに挑戦。だがルーク・スカイウォーカーの養母ベルおばさんはだけは、映画のストーリーに忠実な姿となっていた...。そしてダース・ベイダー卿でフィニッシュした後に披露する、『SW』ファン(の男性)なら楽しめるであろう絶妙なモノマネもセクシーかつ可愛らしい!

https://youtu.be/VgsK9fuO2a8


■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む