ガンズ・アンド・ローゼズ、歴史的再結成の場はポルトガルか!?オーストラリアに続き相次ぐフェス打診の噂


2ヶ月前に「アクセル・ローズとスラッシュが和解した」という情報が流れて以来、多方面から再結成ライブに関しての未確認情報が流れ続けているガンズ・アンド・ローゼズ。この度、オーストラリアのフェスに続き、ポルトガルの夏フェスのオーガナイザーがリスボンで開催される音楽フェス出演の打診を試みていることが明らかとなった。


今回の"再結成の場"と言われているのはポルトガルで開催されるフェス"ロック・イン・リオ リスボン"。1991年、ガンズ・アンド・ローゼズがブラジルの老舗音楽フェスである本家"ロック・イン・リオ"に出演し、おおいに話題になった。噂が今まで以上に大きなものになっているのも、その縁が原因のようだ。

もうひとつ、この再結成話を加速させているのは、アクセルがプロジェクト化している現ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、DJアシュバ、ロン・サールの二人のバンド離脱だ。この二人のギタリストが抜けた枠にスラッシュとイジー・ストラドリンがそのまま入るというのは、単純すぎるのかもしれないが、ガンズ・アンド・ローゼズという有名バンドのギターのポジションに現在空きがあることは明らかなのだ。

イギリスのクラシック・ロック専門雑誌、アルティメット・クラシック・ロックも、ポルトガルで伝えられた件を報道しつつも「まだ航空券を買うのは待ってください」と、情報の信ぴょう性を疑っている。歴史的再結成となればたとえフライングであっても"噂"に掛けてみようと考えるロックファンがいてもおかしくはないだろう。

https://youtu.be/dPnEkr68Q28


■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む