中国で逮捕された化学教師が『ブレイキング・バッド』すぎると話題に



「元化学教師が大量のドラッグを製造して逮捕された」という、どこかで聞いたことのある事件が起きた。



中国・広西チワン族自治区・南寧在住の元・化学教師(35)が、覚せい剤"メタンフェタミン(通称:メス)"31.5 キログラム、中毒性のある薬物原料185キログラムを所持していた容疑で逮捕された。さらに、アパートの部屋では高圧式のドラッグ製造設備も発見されたという。

地元メディアによると、警察が調査を開始したのは2015年3月頃。インターネットでのドラッグ取引容疑で3人の売人を逮捕したところ、全員が「ルモウ」と名乗る男性からドラッグを入手したと告白したという。警察は数ヶ月かけて「ルモウ」の追跡を続け、専門学校で入学事務担当の主事を務めていた元化学教師に行き着いた。そして2015年9月、警察は張り込みの末にこの男を逮捕した。

この元教師は、自身もドラッグ中毒になり2012年に学校を退職していたという。彼はドラッグ製造についての知識はなかったようだが、自身が使用するために研究を重ね、ドラッグ製造を開始。そして徐々に、ドラッグ販売にも手を広げるようになった。
彼のビジネスは順調で、製造設備には何千ドルもの大金を投資した。化学の実験室で通常見かける器材なども使用されており、120平方メートルの部屋は"ドラッグ製造ラボ"と化していたというから驚きだ。警察のスポークスマンは「これまで見た中で最も進化していて、最も完全なドラッグ製造設備だった」と語っている。

米TVドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』では、末期がんを患った主人公ウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)が、家族に財産を残すためにメタンフェタミン(メス)を製造し密売する。しかし、この元教師は単にドラッグ中毒と金儲けで身を滅ぼしてしまったようだ。

https://youtu.be/z2trAjxK7rQ


■参照リンク
The real-life Walter White: Chinese middle school teacher quits job to make meth in his own apartment
http://www.dailymail.co.uk/

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む