張本もエール!MLB最強のベンチプレーヤー・川崎宗則、プロ野球界に復帰か?ネット上も熱視線


10月23日、カンサスシティ・ロイヤルズにリーグ優勝決定戦で敗れシーズンを終えたトロント・ブルージェイズ。MLBは頂点を決めるためワールドシリーズに続くが、気になるのはポストシーズン中、試合に出なかったものの常に注目を浴びていた川崎宗則の来季の去就。そんな川崎だが「(来季は)もう僕の中で決まっている」と発言し、早くもストーブリーグが話題になっている。



ポストシーズン中、登録外選手にも関わらずベンチ入りとなりチームに帯同し、難敵、テキサス・レンジャーズ戦は開幕2連敗のブルージェイズにあって"ベンチ裏のモチベーター"としての存在感がアメリカのメディアに改めて評価された。そんな川崎も、ブルージェイズのシーズン終了と共に現実として来季の去就に向き合わなければならない。メジャーで実績をほとんど残せなかった今シーズン、残留先を探すのは実際なかなか難しいため、早くも日本プロ野球への復帰が囁かれ始めている。

ネット上では「マイアミでマイナー契約」「イチローのMLB3000安打達成まではいるんじゃないの?」というアメリカ残留の可能性を示唆する声もあるが、「日本復帰だろうな」との声も多く、「和田と一緒にホークス復帰かな」と先日マイナーでの契約解除となった和田毅投手とともに古巣へ復帰する可能性について語るファン、さらには「内野が弱いチームに」「横浜がとるべき」など昨年と同じく"川崎争奪戦"を巻き起こす各球団のファンの間で話題が沸騰中だ。

愛すべき強烈なキャラクターとポジティブな姿勢に、地元トロントのファンのみならずMLB中で"印象に残るプレイヤー"としての位置を築き上げた川崎だが、プレーに関しては4年間のMLB生活でマイナーとメジャーを行き来する時期が長かった。来季は今季と違い、マイナーオプションの3シーズンも切れメジャーとマイナーを簡単に行き来するルールからも外れるため、「MLB選手として今が潮時」との意見も少なくない。

10月25日のTBS『サンデーモーニング』で御意見番の張本勲氏も「何でベンチにいるの?マスコットみたいなものか」と指摘し、一方で「今年を最後に帰っておいでよ」と日本復帰に向けエールを贈った。

https://youtu.be/DR4OOATAni4



■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】

続きを読む