モーニング娘。'15が超体育会系&ストイックすぎると話題に 「ガチ」「レベルが高すぎる」


10月25日に放送されたテレビ朝日系列の音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』に、モーニング娘。'15のメンバー総勢13名が出演、アイドルとは思えぬ体育会系の上下関係やストイックさがネット上で話題となっている。


番組では、今年19年目を迎えるモーニング娘。の「アイドルらしからぬ掟」を紹介。まず紹介されたのは、「先輩へのタメ口厳禁」だ。普段は仲良しだが上下関係は厳しいと語るモー娘。、その関係は年齢に関係なく加入時期が絶対条件なんだとか。「最初は壁があった」と語るのは9期生の鈴木花音(17歳)。例えば20歳の飯窪春菜は年上にあたるものの、一期後輩なため年下の先輩になる。敬語はもちろん、お弁当を選ぶのも必ず先輩から、髪型・衣装を決めるのも先輩優先と語る。

続いての掟は「遅刻したら移動は自腹」。現場への遅刻は言語道断で、先日もメンバーのひとりが飛行機に乗り遅れたことから、自腹で5万円支払い移動したとのこと。また、集合場所に後輩は先輩よりも30分早く集まることが決められており、1期生の中澤裕子から代々続くしきたりのようだ。

さらには「歌のパート分けは実力主義のサバイバル戦」ということで、レコーディングではメンバー全員がフルコーラスで歌うものの、その出来次第で担当部分が決まり、自分のパートを知るのは完成後だと語る。大部分のパートを歌っているメンバーもいれば、「一文字」だけのメンバーもいるという完全実力主義なのだ。

そして極めつけは、「レベルの高いパフォーマンス」。ライブ本番直前のトレーニングはもちろん、番組ではライブ後の反省会に潜入。そこはメンバーたちだけで映像をチェックし、それぞれ問題点を指摘。先輩からの指摘をメモをする後輩たちだが、先輩から「動きがゆるい」などのガチすぎる指摘には、ただただ「・・・はい」と小さい声で返答、すると「声が小さいよ!」とさらにガチ説教が。1時間におよぶ反省会では後輩たちが涙ぐむシーンもあった。

このアイドルらしからぬあまりにストイックすぎる一面に、「モー娘。の反省会マジすごかった」「モー娘。すんごい体育会系でガチでビビったいや本当にモー娘。すごい...」「さすが、ハロプロだなー」「モー娘。ちょっとビビった」「すげぇな、部活みたいやな...」「それがプロの世界なんやなぁ」「今のモー娘。ってレベル高いね」「これ観てモー娘好きになった」「ガチすぎてビックリした」など多くの驚きの声が挙がっている。



■参照リンク
モーニング娘。公式サイト
http://www.helloproject.com/morningmusume/
『関ジャム 完全燃SHOW』公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む