ラジオ『テレフォン人生相談』、先生の相談者への「過去最大級のツッコミ」がスゴすぎる 「この質問であなたは電話を切る可能性がある!」


10月26日に放送されたニッポン放送の人生相談番組『テレフォン人生相談』(毎週月~金、午前11時より放送)で、ある悩みに対する回答者のツッコミが「凄すぎる」と話題になっている。


相談者は、54歳のバツイチの女性。20年前に夫と離婚し、現在は子供2人と3人で暮らしているという。現在は8年ほど前から付き合っている男性がいるが、彼には自分の年齢を10歳ごまかしていること、また子供が2人いることも隠しており、どうしたらいいのか分からないという切実な悩みだ。

パーソナリティの加藤諦三からの質問に、時折言葉を詰まらせながらも電話越しに粛々と答える相談者。加藤が相談内容を5分ほど紐解き、一通り概要が分かったところで、加藤が「それではここで幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、うかがってみたいと思います」と、大原にバトンを渡した。

「こんにちは」と挨拶した後、「あのね、もしかしたら私が今この質問をしたら、あなたは電話を切る可能性があるんですよ。・・・そこに向かって行きたいと思います」と、強い声で意気込みを語る大原。相談者は、この言葉の意味がよく分からないようで、小さな声で「・・・はい」と答えると、大原は「あなた今、声を変えていませんか?」といきなりぶっ込んだのだ。

その驚きの質問に間を置きつつも、「・・・はい」と答える相談者に、大原は「鼻をつまんでませんか?どっちですか?」とさらに問い詰める。その直球質問に堪忍したのか、相談者は「・・・つまんでます」と白状、大原は「でしょ?」と答えた。

相談者が「鼻つまみ」を認めたことで大原は「(素直になった)ってことは本気になってくださったんですよね。これ、本当に正念場で同じ土俵に上がらない限り、この相談は絶対乗れないんですね。ってことはあなたが本気だという事がこれで分かったんです」と強い口調で語り、そこからは大原の親身なアドバイスが展開されるが、このあまりに衝撃すぎる一連の出来事に、「衝撃すぎてアドバイスを全然覚えていない」「鼻つまみを指摘されてからその後どうなったんだろう・・・気になって仕事が手につかない」「鼻をつまんで相談してる人が現れてビックリした」「鼻つまみが衝撃すぎて何の悩みかを忘れた」など、ネット上では驚きの声が挙がっている。

■参照リンク
ニッポン放送 公式サイト
http://www.1242.com/
続きを読む