【悲報】フジテレビ「昼ドラ」枠が終了に悲しみの声がネット上で殺到中


数多くの愛憎ドラマを生み出してきた、フジテレビ系の昼帯ドラマ枠が来年3月で終了することが発表され、主婦層を中心に多くの悲しみの声が広がっている。


毎週月曜~金曜の平日13時25分より放送してきた"昼ドラ"は、52年の歴史がある長寿連ドラ枠で、昼帯ながらも愛欲や愛憎などドロドロすぎる人間ドラマや過激な内容が話題を呼び、名物枠として広く知られていた。

過去には、欧米の古典小説を翻案した大河ロマンが支持を得て、『愛の嵐』(田中美佐子・渡辺裕之)、『華の嵐』(高木美保・渡辺裕之)、『夏の嵐』(高木美保・渡辺裕之)の「嵐三部作」がヒット。また、吉川十和子の『あなたが好きです』や中原果南の『はるちゃん』シリーズ、2000年代には社会現象にまでなった横山めぐみの『真珠夫人』や、大河内奈々子と小沢真珠主演の『牡丹と薔薇』、安達祐実が一人二役を演じた『娼婦と淑女』など数多くの名作ドラマを生み出してきた。

平日昼どきの30分枠という手頃な時間帯であること、また中毒性たっぷりの脚本・演出力に、週1回の夜の連ドラよりも、この枠だけは欠かさず観ていた人も多かったのではないだろうか。

この突然の悲報に、ネット上では「好きだったのに・・・」「その枠なくすとか辛すぎる!」「名作も多い枠だけにただただ残念」「東海テレビ単独で何とかならんもんなの?」「この枠だけはずっと続くと信じていた」「また歴史がひとつ終わる・・・」「せめて過去昼ドラの再放送枠にしてくれ!」「楽しみしてたのに」「この時間帯だけは数字を気にしないでほしい」「なんだかんだ言っても観る枠なんだよね」「まさに『いいとも』の負の連鎖」と多くの悲しみの声が広がっている。



■参照リンク
ドラマ『別れたら好きな人』公式サイト(平日13時25分より放送)
http://tokai-tv.com/wakaretara/


■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む