元助っ人外人・カブレラ、薬物疑惑もなんのその!43歳でなお健在の超人ぶり



日本プロ野球に燦然と輝く助っ人外人の一人、西武、オリックス、ソフトバンクなどで活躍したアレックス・カブレラ。現在もベネズエラで現役を続行し、あのスウィングも健在でホームランをぶっ放し続けている。

https://youtu.be/g4jbpBtZCq8


ベネズエラのウィンターリーグ、リーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルの球団ティブロネス・デ・ラ・グアイラに現在所属中のカブレラ。

日本球界在籍中も筋肉増強剤など薬物使用の疑いがかかっていたが、南米に主戦場を移しても疑惑は続いており、昨年2014年にメキシコリーグを追放されるなど今でも"クロ"との認識が根強い。胡散臭さ満点だが不思議と南米を渡り歩きキャリアが続いているのは、カブレラがしっかりと結果を残しているからだろう。

43歳でなお現役を続行、さらにかつてを想起させるパワーもしっかり健在。前述のウィンターリーグでも4番DHで起用され、まだまだ大事な戦力として重宝されているようだ。なお・リーグ戦での打率は最近10試合で.314、ホームラン3本。今年復活組のフランコやローズの参戦で話題になった日本の独立リーグなどでは十分に活躍しそうな雰囲気だが、やはり薬物問題がある限り日本球界への復帰は限りなく難しいだろう。
続きを読む