V6『学校へ行こう!』復活にネット上からも歓喜の声 「レギュラー化希望」「番組の偉大さを思い知らされた」


11月3日に一夜限りで復活したTBS系列で放送された『学校へ行こう!2015』の反響が凄まじく、ネット上で大きな話題となっている。


『学校へ行こう!』は、1997年10月から2005年3月まで放送され、主に中学生・高校生を中心に学生を応援する企画で構成されている学校教育バラエティ番組。特に、V6のメンバーが見守る中、校庭に集まる全校生徒の前で、生徒がひとり屋上の上から思いのたけを叫ぶ「未成年の主張」のコーナーは当時大人気を博し、その他にも素人を巻き込む多く挑戦的な企画で、数多くの人気キャラクターを生み出すなど、中高生を中心に一大ブームを巻き起こしてきた。

今年、レギュラーであるV6がデビュー20周年を迎えることもあり、7年ぶりに3時間特番で復活した今回の放送。過去の懐かしいVTRを振り返りながらも当時強烈なキャラでお茶の間を賑わせた生徒たちの今の姿も紹介、さらにV6のメンバーが高校に忍び込み、2015年度版「未成年の主張」を行うなど、当時番組を見ていたファンの期待を裏切らない内容に。また、オンエア中に放送された「ニコニコ生放送」の『パークマンサーたちが勝手に実況』も大盛況となり、当時番組を見ていた層を中心にSNS上では大きな盛り上がりを見せた。

今回の放送にネット上では、「懐かしすぎて何回も巻き戻しして見た」「未成年の主張とか今見たらめっちゃ泣けるー!」「一夜限りと言わず、新たにレギュラーでやってほしい」「学校へ行こうレギュラー化してほしい」などレギュラー化の声を望む声が多く見られる中、「学校へ行こうの偉大さを思い知らされずにはいられない・・・」「今と比べてイジりも健全な感じがする」「昔の番組なのに結構新しいことやってたよね」「テレビ番組でこれだけTLが盛り上がるのは偉大な番組である証拠」「毎週楽しみにしてたことを思い出した」「当時のスタッフさんとか企画力凄いよね」など、改めて番組の凄さに気づかされたという声も。

懐かしさと同時に、月日が経っても色褪せない番組のクオリティの高さに、感動した人も多くいたようだ。


■参照リンク
『学校へ行こう!2015』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/gakkou2015/


■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む