元プロ野球・駒田徳広がドラマで見せた現役さながらのフォームと動きに称賛の声


11月3日に放送されたドラマ『"激辛ドM男子"~ストレス社会と戦う激辛ドMたち~』(テレビ東京系)に登場した元・プロ野球選手、駒田徳広が、現役時代さながらのキレの良いフォームを披露しプロ野球ファンの間で話題となっている。


駒田は親子ほど歳が離れた少女たちに翻弄される"中学生アイドルにアゴで使われストレスだらけのマネージャー"役として登場。ストレスに苛まれ続け怒りが爆発する直前に激辛料理を食べることで精神浄化をはかるというなんとも変わったストレス解消法を持つ中年男を好演した。駒田演じるマネージャーの妄想中、「なにがチアシードだ!こんなもん、ただの種じゃないかっ!!」と叫び少女たちに向かって種を投げつけ、さらに少女の手から携帯を奪って「何がiPhone6sだ。5sどどう違うんだ!」と怒鳴りながら携帯電話をバットで叩き割るというシーンがあった。その際に披露した駒田のフォームが現役時代を彷彿とさせたため、現役当時を知るプロ野球ファンからは「坂道ダッシュのシーンが昔のキャンプ映像みたいで懐かしかったわw」「種を投げつける姿が完全に一塁のスローイングで草w」「つかバット構えた姿もそのまんまやんけw」「これは横浜時代のフォームやなwww」「体力はまだまだありそう」「なにげに大打者やし」「日シリのバーカ発言は今でも良い思い出」「たまにはユニフォーム姿も見たいわ」といった声が相次ぐことに。

駒田といえば、1980年に巨人に入団し、投手から野手へと転向。元祖・満塁男として脚光を浴び、横浜移籍後の2000年には、見事2000本安打を達成した球史に残る名選手。また、生え抜きでありながらも巨人からFA宣言で他球団へと移籍した唯一の選手でもある。そんな彼ならではの実に個性的な演技とキレのある動きに、俳優業としても多くのファンからの注目が集まりそうな気配だ。


https://youtu.be/59TSmbG1M_E


■参照リンク
ドラマ『"激辛ドM男子" ~ストレス社会と戦う激辛ドMたち~ 』(テレビ東京)
www.tv-tokyo.co.jp

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む