建設費10億円超え!世界が涙した映画『タイタニック』のテーマパークがドバイにできるらしい


レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの悲恋に世界が涙したジェームズ・キャメロン監督の不朽の名作『タイタニック』(97)のアトラクションを擁するテーマパークがドバイで建設中のようだ。


「我々はこのアトラクションで、実際にタイタニックに乗っているかのようなエキサイティングな体験をしてもらいたいと考えています」と20世紀フォックスはコメントしているが、海外メディアが伝えるところによると、このテーマパークは20世紀フォックスとAl Ahli Holding Groupが2018年の完成を目指し、ドバイに建設計画中。中身はこれまで20世紀フォックスが作り上げた人気のテレビ番組や映画をテーマにした数々のアトラクションが登場するらしい。

『タイタニック』に加え、『エイリアン』『猿の惑星』『アイスエイジ』、また人気ドラマ『サン・オブ・アナーキー』のアトラクション建設も既に決まっている模様。建設費10億円超えともいわれるこのビッグテーマパーク、今後の詳細も気になるところだ。



■参照リンク
http://variety.com/

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む