防げる確率ほぼ0%!ダサいけど確実な「棚ぼたゴール」が爆誕【動画】



11月5日に行われたUEFAヨーロッパリーグにおけるヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)対ラピド・ウィーン(オーストリア)の試合で珍プレイが発生。キーパーを完全に押さえ込むある意味100点満点のゴールシーンが話題となっている。

https://youtu.be/57RbRHv4igk


ウィーンの華麗なワンタッチプレイから繋がるパスで、見事に飛び出したフィリップ・ショースペルガー。持ち前の快速で相手ディフェンダーを振り切ってゴール前へ颯爽と飛び出すと、ゴールキーパーの目の前でピッチに足を取られてズッコケる。しかし、彼が偉かったのは転びながらもボールはキーパーを抜くことを忘れなかったこと。ゴール前で転んだショースペルガーに気を取られてしまい相手GKが一歩も動けない中、ボールはコロコロと呑気にゴールへ吸い込まれていった。

偶然起こったミスから生み出された"棚からぼた餅"的なゴールではあるが、目の前のゴールキーパーを欺き、ボールはしっかり転がすというファインゴール。コケるのはさすがにダサくても、こんなプレーをもう少しエレガントに出来るプレイヤーが登場すれば年間ゴール賞も夢ではない。そんなプレイである。

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む