山田孝之が小野妹子役でキレッキレダンス 「水曜日のカンパネラ」新曲MVがシュールすぎる【動画】



水曜日のカンパネラの新曲「小野妹子」のMVに俳優・山田孝之が出演し話題を読んでいる。

https://youtu.be/iXREolaN934


水曜日のカンパネラは、主演・歌唱担当のコムアイ、サウンドプロデュースのKenmochi Hidefumi、何でも屋のDir.Fで構成されるユニット。ライブで鹿の解体を披露するなどの独特のパフォーマンスや、「桃太郎」「マリー・アントワネット」といった不思議なテーマの楽曲が話題になってきたが、今回のテーマは「小野妹子」。本楽曲はニューアルバム『ジパング』に収録されており「ラブレター・フロム・倭の国」「部屋とYシャツと遣隋使」「オビワンケノービ 良いジェダイ」といったパロディも混じった意味不明な歌詞が印象的だ。

MVには小野妹子役として、俳優・山田孝之が登場。山田が身につける平安貴族風衣装の背にはなぜか「ONO 10」の文字が刻まれている。口ひげをつけたコムアイと山田が真顔でキレッキレのダンスを披露する姿はシュールそのものだ。

個性派アーティストと個性派俳優のコラボレーションに、ネット上からは「最高のMV」「意味わからなくて好きw」「二人がお似合いすぎる」「アルバムめっちゃ楽しみ」など賞賛の声が続々と寄せられている。

一度観たら、山田の鋭い眼光や、コムアイが口ずさむ「フロム・ジャパン」の声が頭から離れなくなるこのMV。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

水曜日のカンパネラ 5thアルバム『ジパング』は11月11日発売

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む