ミッツ・マングローブが語るプリプリ解散&復活エピソードが感動的すぎると大反響 「鳥肌たった」「アラフォーは号泣必須」


11月10日に放送された日本テレビ系列のバラエティ番組『今夜くらべてみました』で、ミッツ・マングローブが語ったエピソードが感動的すぎると話題になっている。


今回番組では大好評につき、第2弾となる「NO MUSIC NO FIFEな女たち」を企画、音楽をこよなく愛するゲストとして、いとうあさこ、ミッツ・マングローブ、PUFFYの2人が登場した。番組内の「衝撃をうけた歌唱映像」で、それぞれが音楽に纏わるエピソードを展開、ミッツはプリンセスプリンセスの復活LIVEの際の感動的なエピソードを語った。

プリンセスプリンセスが大好きだったミッツは21歳の頃、1996年5月31日に開催された武道館解散ライブに足を運んだようで、プリンセスプリンセスが解散することで、自分の青春時代も終わるような感情に駆られたと語る。そして、当時使用していた腕時計の時間をぴったり合わせてコンサートに参加し、最後ステージで、プリンセスプリンセスのメンバー5人が「バイバーイ」と別れの挨拶をした時にステージが暗転。つまりこれが解散の瞬間を意味することから、ミッツは「その電気が消えた瞬間に(時計の)ねじをグッと引いて、時計を止めたんです」と語った。そして時計が再び動き出さないように、そのねじをアロンアルファで固め、この止まった時間を「自分の青春時代の終わった時間」と重ねたと語る。

そして時を経て、2012年にプリンセスプリンセスが復活する際に、偶然テレビでメンバーたちと会ったミッツはその話をしたようで、メンバーたちはその話にとても感動し「その時計ちょっと貸してよ」とミッツにお願いしたのだとか。するとその年の復活武道館ライブで、最初のオープニングの際に、大きなスクリーンにそのミッツの時計が投影され、しかもその時計が動き出すという演出が施された映像が流れるという感動的なサプライズが!その瞬間を映した映像が流れると、このあまりに美しいエピソードにスタジオは大興奮!いとうあさこは泣き出してしまうほど感動していた。

この話にネット上でも「感動すぎて俺全泣き」「これは号泣」「わかる、その青春が終わった感じも分かる!」「めっちゃいい話」「プリプリがミッツから借りた腕時計を動かしたってのがアツすぎてつらい」「鳥肌立った」「まるでドラマのような話」「アラフォーは号泣必須」「ミッツのプリプリエピソードを聞いてウルウルする私もアラフォーよのう」「あれ、、目から涙が」「ミッツのプリプリ復活ライブ話で泣いてしまって私もアサコ状態」と多くの反響を呼んでいる。



■参照リンク
『今夜くらべてみました』公式サイト(毎週火曜23時59分より放送)
http://www.ntv.co.jp/konkurabe/

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む