TOKIO・国分太一と山口達也がかつて出演した禁断の同性愛ドラマ『同窓会』について語り話題に


11月11日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、TOKIOの国分太一と山口達也が出演した禁断のドラマが放送され、ネット上で話題を集めている。


この日は、俳優の哀川翔をゲストに迎え、TOKIOのメンバーたちがさまざまな質問をぶつけた。「絶対に断っている仕事のNG内容は?」という質問に、哀川は「ほとんどない」ときっぱり。ただ、役柄的にオカマ役などは当事者の気持ちが全く理解できないため、断っているのだと話した。

すると、番組スタッフが用意していたVTRを急きょ紹介することに。それは、1993年に国分と山口が出演した同性愛をテーマにしたテレビドラマ『同窓会』で、山口が西村和彦と熱いキスを交わす、国分がオネエ言葉で話すなど、衝撃的な場面が満載だった。

VTRを観た山口は「俺、20年ぶりくらいに観た」と苦笑い。国分は無言のまま複雑な表情でモニターを見つめた。哀川から当時どういう気持ちで演技に臨んだのか尋ねられると、山口は「初の連ドラの仕事だったんですよ。ドラマはこういうもんだろうと。台本に書いてある通りにやった」と振り返った。

国分は「僕はどっちかって言うと山口さんの連ドラのバーター(抱き合わせ)で始まったんですよ」と明かすと、「そしたらあまりにも内容が過激すぎて、役者さんが途中で(辞めていった)...。最終的にバーターだった僕が準主役までなるっていう」と裏話を披露。そして「そんな2人が結婚できたんだから良かったよね」としみじみと話すと、山口は「そうそう」と頷き、ほかのメンバーからは「おめでとう!」と祝福の声が上がった。

これを観た視聴者は、衝撃的なドラマの内容にショックを受ける人が続出。ネット上には「え!?同性愛ドラマ!?山口くんと太一くんで!?」「今だったら絶対NGだろ」「やだびっくり」「驚いた」「このドラマ、本当に過激だったもんな・・・」「達也と太一の黒歴史、『同窓会』www」「『同窓会』の映像みて固まってしまったww」「初ドラマでオカマ役って凄いよね」などのコメントが集まった。

■参照リンク
『TOKIOカケル』公式サイト(毎週水曜23時よりフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む