ラッセル・クロウ初監督作品公開決定 息子を探す父親の壮大な叙事詩『ディバイナー 戦禍に光を求めて』


ラッセル・クロウ監督デビュー作にして主演最新作『ディバイナー 戦禍に光を求めて』が2016年2月27日(土)より公開されることが決定した。


「私が監督になるためにこの映画を選んだのではない、この映画が私を監督に選んだのだ」とラッセル自ら語っている本作は、第一次世界大戦中のトルコ・ガリポリの戦いから4年後、生死も分からない3人の息子達を探し出すため、オーストラリアからやって来た父親の底知れぬ喪失感と圧倒的な愛を描いた叙事詩である。

実話をベースにした本作は、ラッセルでしか演じることのできない哀愁漂う父親像を見事に体現するとともに、トルコ・イスタンブールをはじめとする壮大なロケーションを舞台に、甚大な戦死者を出したガリポリの戦いをオーストラリアとトルコの双方の視点から忠実に描いている。


ラッセルの他には、『007 慰めの報酬』でボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコが見事なトルコ語を披露する妖艶な女性を演じるなど、実力派俳優が脇を固める。尚、本作はオーストラリア アカデミー賞最優秀作品賞ほか主要3部門を受賞している。

『ディバイナー 戦禍に光を求めて』は2016年2月27日(土)全国ロードショー



(c)2014 DIVINER HOLDINGS PTY LTD, RATPAC ENTERTAINMENT LLC,
NETWORK INVESTMENT HOLDINGS LIMITED, SEVEN NETWORK (OPERATIONS)LIMITED
AND MEGISTE FILMS PTY LIMITED

■参照リンク
『ディバイナー 戦禍に光を求めて』公式サイト
http://diviner-movie.jp/

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む