まさかの落涙必至映画『PAN』、美しすぎる主演リーヴァイ・ミラーくんに直撃したぞ!


感動の連鎖止まらず、現在全国の映画館でコンタクトレンズが外れまくっているというウワサのファンタジー超大作『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』。"黒ひげ"ヒュー・ジャックマンに続く来日インタビューの第2弾は、ピーターパン役の"美しすぎる"少年リーヴァイ・ミラー君! ヒューとの共演を「ちょっとしたこととか本当にたくさん教えてもらったよ!」と感激気味に述懐するミラー君に、大役を務め上げた心境などを聞いた。


――ピーターパン役が決まった時に大感激したと聞いてますよ。撮影は緊張しましたか?

撮影はとにかく楽しかったよ! 永遠の少年=ピーターパンになる前の物語なので、もちろんスタートは1940年代の孤児院。でも、そこにいるたくさんの少年の中でも彼は、普通じゃないんだ。ちょっと反抗心いっぱいのわんぱくな少年なんだよ。

――いわゆる役作りは、どうでした???

僕は、いま言った時点からピーターを見つけていかなくちゃいけなかったけれど、その後はもちろんネバーランドへ行って空を飛べる、歳を取らないネバーランドのヒーローになる。ゆくゆくはピーターパンになっていく変化をたどっていく過程も楽しかったよ。

――共感する部分は???

似ているところは、冒険好きなところかな(笑)。実は似ていないところもあって、彼は永遠に歳を取りたくない少年ではあるけれど、僕は大人になりたい! だって、大人になったら、やれることがいっぱいあるでしょう?

――ありますよ! 何がしたいですか?

クルマの運転(笑)。世界をいろいろと旅したい。大人になりたいなあ。確かに自分の中で歳を取らず、子どものままの気持ちをキープしようという想いもあるけれど、それは皆一緒じゃないかな。一番はイマジネーションで、それはいつまでも忘れずにいたいよね。


――"黒ひげ"役は、ヒュー・ジャックマンでした。ゴイスーなハゲ頭でしたが、初めて見た時はショックだったでしょう?

横で見ていてビビッてしまうような迫力ある衣装だったと思うけれど、それを身に付けた"黒ひげ"姿のヒューを見た時は、「うわっ!」と僕もショックだったよ(笑)。クレイジーだったよね。

――偉大な方ですからね。学びも多かったのでは???

素晴らしい俳優なので学ぶことは多かったけれど、やっぱり楽しみながら表現するということ、これが一番大きかったかな。ただ、今回の作品は楽しまないことが難しいくらいだったけれどね(笑)。いますぐは思い出せないけれど、ちょっとしたこととか本当にたくさん教えてもらったよ!


映画『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』は、大ヒット上映中!

https://youtu.be/5w7gyi4IKjE


■参照リンク
『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』公式サイト
wwws.warnerbros.co.jp/pan/

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む