​泥酔した青年が自宅のベッドと間違えて芝生の上で爆睡www 「寒いから窓閉めてよ」


イギリスはヨーク・シティにほど近い道端で、帰宅途中のルイスさん(24歳)が泥酔して芝生に倒れこんでいる青年を激写した。


この画像がネットにアップされると、16,000もの"いいね!"とシェアが。青年は草の茂る垣根を自宅のベッドだと思い込んで爆睡していたようで、通りがかったルイスさんに「ちょ、もう寒いから窓閉めてよ...」と文句を言ったという。

その時の様子を「茂みから足が2本突き出てるのが見えたんだ。どうやら人が倒れてるみたいだ、と近寄って、生きてるかどうか確かめた。ピクリともしなかったからね」と振り返るルイスさん。

「でも"寒いから窓閉めて"って言われた時は驚いたよ。だって完全に自宅のベッドだと思い込んでて、そこから動く気がまるでなかったんだから。11月なのにあんなところで寝てるなんて超おかしいよね」

その後、別の人が青年を起こそうとしていたので、ルイスさんはFacebook用に写真を撮ってアップしてから、その場を立ち去ったという。しかしこの泥酔青年、ここまでの酔っ払いもイギリスではかなり珍しいのか、現場ではかなり注目を集めていたらしく、別の男性もセルフィーをアップ。これまた人気画像となっている。

ルイスさんは「かなり若そうだったから、近くの大学の学生だと思う。果たして翌日の授業に間に合ったのかどうか」と心配するが、ネッ上で痴態を晒されてしまったことのほうが問題だろう。


■参照リンク
Mirror Online
www.mirror.co.uk

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む