明石家さんまが感動した、中森明菜のライブ中でのあるエピソードが「カッコよすぎる」と話題に 「プロ中のプロやな」


11月14日に放送されたMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で、明石家さんまが、中森明菜のあるエピソードについて語り、話題を呼んでいる。


モーニング娘。'15の飯窪春菜が、自分の名前の「春菜の菜」は、歌手の中森明菜が由来で、母が中森明菜さんが好きでその名前にした事を告白。このエピソードに驚いたさんまは、「へぇ~お母さんが中森明菜ちゃん世代か~そっかー」と感慨深げ。

そして、「中森明菜ちゃんも、結構ええ年か~。まあカッコ良かったよ、中森明菜ちゃんって。・・・俺が感動したのは、凄い声援やねんね」とあるエピソードについて語り始めた。

さんまは、「俺が感動したのは、すごい声援やねん、『明菜!せーの、明菜!』って」と当時ファンが大きな声援を送っていたと語り、「それで歌を歌う時に、明菜ちゃんが客席から登場するんやねんけど、『静かに。イントロ聴こえない』って、ファンに怒りよってん」と語った。そして、「カッコええなぁ、こいつって思って(笑)。ちゃんと歌いたいから。声援でイントロちゃんと聴こえないからって言って、注意しよった」と語った。

その姿を見たさんまは、「それを見て『カッコええなぁ、この子。プロ中のプロやな』って思ったのは覚えてるね」と語り、このカッコよすぎるエピソードに飯窪は思わず「凄い」と驚いたようで、ネット上でも「これは凄い」「なかなかできない」「カッコよすぎるエピソード」などの声が挙がっている。



■参照リンク
『ヤングタウン土曜日』公式サイト(MBSラジオにて毎週土曜日夜22時~放送)
http://www.mbs1179.com/yando/


■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む