確信犯?放送禁止になったワインのCMがきわどすぎるwww【動画】



オーストラリアのワインメーカー<Premier Estates>のCMが、「下ネタすぎる」としてイギリスで放送禁止になった。

https://youtu.be/PmcGwBjL7W0


白のドレスに身に包んだ女性が、ワイングラスを手にしながら登場。赤ワインを飲みながら「とても芳醇で、土の香りがするみたい。フルーティでスパイシーね。中には"茂み(bush)"の味みたいだ、なんて言う人もいるのよ」とコメント。だが次の瞬間、なぜか気まずい沈黙が流れ、女性はそのまま立ち去ってしまった。

女性が言う「Taste the bush(直訳:茂みを味わう)」だが、"bush"には俗語で女性の茂み、つまり陰毛という意味もある。しかも女性の大事な部分に見える位置に置かれたワイン入りグラスや、女性の微妙な表情からして、「確信犯では?」と思う人もいるだろう。

ルノーのCMを「けしからん!」と批判したことでも知られる英国広告基準局(ASA)は、「"Taste the bush"という言葉からは、文字通りの意味よりも、オーラルセックスを連想する人のほうが多いだろう。女性の前にワイングラスを置くという画もそれを助長させる」「女性の品位を著しく貶めるものだ」と批判。さらに、このCMについてはすでに8回(!)も正式に抗議したという。

<Premier Estates>社のツイート。やっぱり狙った?

一方、CMを見た人の間では

「半裸の女性がハンバーガーにかぶりつくCM (その一例)はOKで、これはダメなの?その基準がわからない」
「これはないわ...」

と、賛否両論が出ていた。

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む