『スッキリ!!』「刀剣女子」特集の内容にネット騒然!コメンテーターが「ミスリード」と言い切る事態にww


11月19日に放送された日本テレビ系列の朝の情報番組『スッキリ!』で、「刀剣女子」の特集が放送され、その内容がネット上で話題を呼んでいる。



今回放送されたのは、先ごろ発表された「今年の流行語大賞」にもノミネートされた『刀剣女子』の特集。番組では「刀剣女子の世界に行ってみた」と題し、刀剣女子が集まる松江城でのイベントを取材した。それは本物の城で城攻めを行うイベントのようで、VTRでは、甲冑などのコスチュームに身を包んだ女子たちが城攻めやチャンバラ合戦を行っている映像を紹介。また、これらの背景にはオンラインゲーム『刀剣乱舞』の人気があるとし、それにより、博物館や日本刀コーナーに女性が集まるようになったと説明。しかし、その城攻めイベントの紹介にネット上は困惑。「これが刀剣女子の世界・・・?」「頭の?マークが止まらない」「刀剣女子、なんか微妙に違うww」「えwコレなの??」などの声が挙がりザワザワし始める事態に。

それもそのはず、VTR後、コメンテーターの宇野常寛氏が「これは単なる松江市の町おこしのイベントで刀剣女子とはあまり関係ないですね」と発言。刀剣女子は「『刀剣乱舞』というゲームのファン」であることを説明し、「刀剣女子はゲームに出てくる擬人化された刀が好きな人で、現物の刀が見たくて美術館とかに行っている人の事」と加えて説明、そしてたまたまこのイベントにその女子たちが一部参加しただけのことで、「なのでこのVTRはミスリードですね」とバッサリ言い切ったのだ。そのコメントを訊いたMCの加藤と上重アナウンサーは、思わず「申し訳ございません!」と深々と謝罪。

この状況にネット上では、「このミスリードめっちゃ笑うww」「コメンテーターが正確に指摘して番組謝罪みたいな流れに草生えた」「スッキリの刀剣女子の紹介の仕方が歴女と松江城イベント紹介と混じってて違和感ww」「あのコメンテーター、見事にバッサリ言い切ったなw」などの声があがりながら、今回の特集で紹介された松江城の城攻めイベントに、「でもコレちょっと面白いwww」「どちらかというと城攻め女子じゃね??」「このイベント、面白そうww」「みんな楽しそう!」「結構参加したい」などの声も上がっている。







■参照リンク
『スッキリ!』公式サイト
http://www.ntv.co.jp/sukkiri/


■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む