【OB出張対談】佐野慈紀×西村憲(石川ミリオンスターズ)対談<後編>

今季加入した石川で、守護神として26試合に登板して2勝11セーブ、そして防御率0.00という出色の働きを見せた西村。NPBとの違い、戸惑いなどを感じる中で自身が培った力とは?そして、チームを指揮する渡辺正人監督の評価、そして今秋のドラフトで巨人から育成指名を受けた長谷川潤、"ナックル姫"吉田えり投手らも見習う点とは?さらに西村自身が語るモチベーションを維持できた最大の理由とは?自身2度目のトライアウトへ向けて"熱い"意気込みを語った!詳しくは動画にて!

<OBプロフィール>

佐野 慈紀(さの・しげき)
球歴:松山商業高 近鉄 中日 米独立リーグ他
現役時代、大阪近鉄バファローズのセットアッパーとして活躍。中継ぎ投手としては、日本プロ野球史上初の1億円プレーヤーとなった。NPB通算353試合登板。"ピッカリ投法"のパフォーマンスでもお馴染み。現在はBCリーグ・石川の取締役。愛媛県出身。右投げ右打ち。投手。

<関連動画>
【OB出張対談】佐野慈紀×西村憲(石川ミリオンスターズ)対談<前編>

この記事の動画を見る

続きを読む