​美人発明家が作った平手打ち目覚ましマシーンがヒドすぎるwww【動画】



ある美人発明家が「絶対に寝坊しない目覚ましマシーン」を発表した。

https://youtu.be/mXLzfAHl4-k


ロボット工学を得意とする女性発明家のシモーネ・ギールツさんが、寝ている人を"平手打ち"で起こす目覚ましマシーンを自身のビデオブログで発表した。

まず、ハロウィンのときに使ったゴム製の「血まみれの手」を除光液できれいに掃除し、平手打ちパーツにする。続いて目覚まし時計を改造し、マイコンボード「Arduino UNO」や「ブラシレスDCモーター」を配線し、ゴム製の腕が作動するように取り付ける。

この目覚ましマシーンの威力を確認するため、シモーネさん本人が実際にテストを行った。彼女が住むボートハウスの壁、しかもベッドに寝たときに頭上にくる位置に、同マシーンを取り付けて就寝したのだ。

そして目覚まし時計のアラームが鳴ると、頭上のゴム製の手が高速回転! 顔面にビンタを連続で受けることになり、スッキリと目が覚める...という仕組みだ。目覚ましのアラームを消さないと、いつまでも高速ビンタを食らうハメになる。

強烈なビンタ目覚ましマシーンを作った美女発明家に対し、ネット上では、

「かわいすぎる!」
「彼女の知識もプレゼンもチャーミングだ! 楽しい発明だね」
「目覚ましマシーンの代わりに毎朝起こしてあげたい」
「オタクかつセクシー」
「スヌーズにして5分後のビンタまで寝たい...」

と、発明はともかく彼女のオタクなキャラクターに人気が集まっているようだ。

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む