『ダウンタウンなう』に亀田大毅が引退後TV初出演で本音を語る 「子供の頃はボクシングが好きになれなかった」


11月28日に放送された『ダウンタウンなう』は「飲み友達SP」特集で、プライベートでも飲み友達同士の芸能人がゲストで登場、坂上忍も参加し本音トークを繰り広げた。



・二世俳優
最初のトーク相手は渡辺徹と榊原郁恵の長男である渡辺裕太と、高畑淳子の長男である高畑裕太。この2人はプライベートでも飲み友達だという。2人は坂上忍に「二世タレントとして見られているけど絡みづらい、扱いづらいことはあるのか」という質問を投げかけた。すると坂上は「調子に乗ってるんじゃねーぞ」と一喝し、「二世って大嫌いなんだよ」と本音をポロリ。そして「あなたたち二世だからここに居るんだよね?」と真剣に語るが、高畑は笑ったり食事をしたりとどこかマイペース。そんな高畑だが、坂上は2人のうち"使いたくなる頻度が高いのは"との質問には高畑をチョイスした。ちなみに松本は「選択肢が2つしかないのが問題」と発言。渡辺の必至さに反して、高畑のマイペースさが際立った本音トークとなった。

・人気女優と人気女芸人
2軒目のお寿司屋では女優の平田敦子とその大親友の大久保佳代子が登場。大久保は酔った勢いで3人に言いたいことがあると告白、「坂上さんに限って言えば最近丸い」「前の方がブスやババアと言ってた」と指摘した。次に浜田に対しては「女芸人を雑に扱っていいというものを作ったんじゃないのか」と指摘。過去に森三中の村上の胸を揉んだ過去もほじくり返され、浜田は「あのときはノリでやった」と漏らした。

・赤井英和 小遣い制に悩む
3軒目は赤井英和と高田延彦が登場。赤井が酔った勢いで妻への本音を告白、「お金の管理ができないので小遣い制なんですよ」悩みを打ち明けた。するとその話からそれぞれ夫婦のお金の管理の話になり、松本は「うちはある程度売れてから結婚してるんで、そこに嫁が入ってきた感じがあるんで、基本的には俺がなんぼ収入あるか嫁は知らない」と告白した。しかし赤井はその真逆で「(嫁から)あんたは知らんでええ!」と言われるようで、全部妻が管理しているのだとか。

・亀田大毅登場「引退後は本を読んだりピアノを弾きたい」
今年11月3日に引退した亀田大毅が途中から参加。引退後のテレビ初登場となる。派手なパフォーマンスで知られる大毅だが、「子供のころはボクシングが好きになれなかった。観に行ってもほとんど寝てた。(お客さんが)こんな大金出して見に行くのか?」と思ったようだが、いざプロになり「そこで何が出来るのか?と思って歌を歌った」「お客さんに少しでも楽しんでもらいたかった」とパフォーマンスの真意について明かした。また、今後何をするのかを聞かれた大毅は、「ボクシングを辞めてやっぱり戻るというボクサーが多い。とりあえず本とかもいっぱい読みたいしピアノも弾きたいし」と意外な一面を見せた。


■参照リンク
亀田大毅 公式ブログ
http://ameblo.jp/daikikameda/
『ダウンタウンなう』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/DOWNTOWN_NOW/

続きを読む