たった2人の男に託された32人の命 沈みゆく巨大タンカー救出の奇跡を描く『ザ・ブリザード』予告編



2016年2月27日(土)に公開される映画『ザ・ブリザード』は、荒れ狂う真冬のブリザードに翻弄され二つに裂けた巨大タンカーに残された生存者32人の救出に、全長11m弱、定員12人の木製の小型救助艇に乗った、たった4人の沿岸警備隊で挑んだ奇跡の物語を映画化した作品だ。アメリカ沿岸警備隊(コーストガード)史上最も偉大で最も不可能な救出ミッションとして語り継がれている、驚くべき真実の物語"SSペンドルトン号の救出劇"を描く本作の予告編が解禁された。

https://youtu.be/hsisyHyWjaE


ブリザードに襲われた巨大タンカーの映像からスタートする予告編では、迫力ある映像で風速40メートルの雨と雪交じりの強風、最大20メートルを超える高波と格闘する巨大タンカー描き、開始から17秒、いとも簡単に真っ二つに割れ早々に船首は沈没してしまう。


漆黒の海の中、船首と共に船長を失い、船尾に残された生存者たちの指揮を取る者もいない。刻一刻と沈没が迫る中、この船を出来るだけ長く浮き続けさせる為に立ち上がったのは機関士のサイバード(ケイシー・アフレック)。彼は「協力しあおう」と残された船員たちを鼓舞する。

時を同じくして「救出に向かえ」と指示を受けたのは、若き沿岸警備隊員のバーニー・ウェーバー(クリス・パイン)。彼は1年前、同じ海で8名の命を救えなかったトラウマを抱え、さらに結婚を目前に控えた婚約者を陸に残し出港を決める。しかし、この不可能なミッションへ向かう彼に与えられたのは、たった3名の仲間と定員12人の木製小型救助艇だけだった。


タンカーが浮いていられる時間は残り3時間。予告編のラストは、地元漁師の「自殺行為だぞ」という忠告を無視し、生存者を助けるために海へ出た男たちがブリザードの中で大きな波に挑んで行く姿で締めくくられている。果たして真冬のブリザードに襲われた荒れ狂う海域で、32名の生存者はどのようにタンカーを維持し、そして、たった4名の沿岸警備隊員はどのように任務を遂行したのか? バーニー、サイバードはそれぞれどのような指揮を取ったのか?

船長バーニー・ウェーバーの死後、2010年に発表されたノンフィクション小説は、真冬の北大西洋で起こった奇跡と、不可能に挑んだ男たちが今まで語らなかった感動のドラマが発売と同時に全米で話題となり、今回の映画化が決定。デジタル3D™とIMAX®でも上映されるこの映画は、まさに、観る者を奇跡とも言える困難な海難救助の真っただ中に送り込み、壮大なスケールと迫力ある映像で完全没入型の体験を提供する。


©Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『ザ・ブリザード』は2016年2月27日(土)全国ロードショー

https://youtu.be/BQmllwTKtqU


■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む