上野樹里も出演 123人の俳優が主人公を演じる韓国発の大ヒット異色ラブストーリー『ビューティー・インサイド』予告編



女優・上野樹里が出演する映画『ビューティー・インサイド』。韓国で2015年8月20日から公開され、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『ベテラン』などのアクション映画が注目される中、ラブストーリーとしては異例のヒットを記録した話題作だ。この度本作が2016年1月22日(金)よりTOHOシネマズ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開されることが決定、同時に日本オリジナル予告も解禁された。

https://youtu.be/1mkL3ls1GOU


本作は、寝て起きるたびに姿の変わる主人公・ウジンと、彼が恋する女性・イスとのファンタジック・ラブストーリーだ。モンタージュを含む123人の俳優がたった1人のキャラクターを演じるという一風変わった設定で、これまでの韓国ロマンス映画とはちがう、新しい恋物語が誕生することになった。秘密をかかえたウジンをイスはどう受け止めるのか、二人の関係は果たしてどうなっていくのか、短い予告映像からも、その恋の行方が気になる内容となっている。

韓国のみならず日本でも人気のあるパク・ソジュン、イ・ジヌク、イ・ドンウク、ユ・ヨンソク、ソ・ガンジュンら年齢もキャリアも様々な俳優たちが主人公ウジンを演じていることも話題だが、注目すべきは上野樹里が演じるウジンの登場シーン。独特な設定の中で、ハン・ヒョジュ演じる女性イスとどう向き合うのか、上野樹里が演じるウジンの表情にも注目だ。


ウジンは18歳のときから目覚めると外見が変わるようになってしまった。男、女、老人、子ども、外国人...。人に会う仕事ができないウジンは、才能とインターネットを活かして家具デザイナーとして活躍している。そんな彼の "病気"のことは母と親友だけが知っていた。ある日、アンティーク家具専門店で働くイス(ハン・ヒョジュ)と出会い、恋に落ちたウジン。彼女に会いたい一心で、毎日初めてきた客のようにその店に通うようになる。ついに誘ったデートはうまくいくが、同じ顔をキープするため寝ないようにする。三日連続で二人は会い、イスもウジンが好きになるが、ウジンはとうとう眠気に勝つことができず、うっかり寝てしまった。起きると別の顔になっていた彼はイスに真実を話すことができるのか...?


映画『ビューティ・インサイド』は2016年1月22日(金)より公開

■参照リンク
『ビューティ・インサイド』オフィシャルサイト
gaga.ne.jp/beautyinside/

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】
続きを読む