NBAコービー・ブライアント引退、多くの賛辞の中で「2年遅い」の声も


ネット上で今シーズンをもって現役引退することを表明したロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアント。熱烈なバスケット愛を綴った声明文と、ファンやチームへの感謝のこもったメッセージも話題になったが、ファンの間でもその功績を讃えるメッセージが相次いでいる。


特に敏感に反応したのは地元となるロサンゼルスだ。地元紙LAタイムスの記事には、

「チャンピオンシップまで導いてくれてありがとう」
「彼はチームより大事な選手という例外になった唯一の存在」
「異論を挟むことなく偉大なプレイヤー」
「努力が結果につながることを世界に教えてくれた選手の1人」
「レジェンドだよ、LAの街への貢献は計り知れない感謝しかない」

などねぎらいの言葉があふれている。その一方で、

「2年引退が遅いよ」
「高給取りだよな」
「自己中心的なプレイヤーという面もあった」
「素晴らしい選手だということは認めるけどここ2シーズンは割高だったのは確か」

など、引退を決めるには、やや遅すぎたのでは?という意見も少なくない。

最初こそ、衝撃を受けたファンからの感謝のコメントで溢れかえっていたが、人気選手には付き物のアンチからのコメントも増え始めている。現在、NBAウェスタン・カンファレンスでぶっちぎりの最下位という現状への不満からか、「今シーズンをコービーの引退ツアーで潰すのか?」といった厳しい意見も少なくない。

昨シーズンも、けが人続出、さらには補強失敗という悪循環のままシーズンを終えたレイカーズ。来シーズンの巻き返しに向け、コービーの引退表明がチームにどのような影響をもたらすか注目である。

https://youtu.be/ambRVz1rqiE


https://youtu.be/aoHtF8dJzXA


■参照リンク
Los Angeles Times - California, national and world news - Los Angeles Times
latimes.com

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む