お天気お姉さんが生放送中に突然泣き出すハプニングが!「何があったの?」心配や同情の声が殺到


NHK山形の天気予報士が番組中に突然泣き出し、ネット上で話題となっている。


12月1日の夕方に放送される「NHKニュース やまがた6時」。天気予報士の岡田みはるさんが、淡々と山形県の気象情報を伝えていると、徐々に涙声に。途中、間を置きながら原稿を読み上げながらも、涙を拭う姿が映し出され、事態を察してなのか、画面は街の様子に切り替わり天気予報は続いた。その後スタジオに画面が切り替わり、男性キャスターが「失礼しました。ではニュースを続けます」という言葉の後、番組は通常通り進行していった。

しかし、偶然、その模様を録画していた人がネット上に動画をアップロードし、地方局の天気予報にも関わらず瞬く間に全国規模で話題になってしまった。

ネット上では「思っていたより大泣きしている」「何があったの?」「なんかかわいそう」「何か不幸でもあったのかな」「怒られたの?」などのコメントがあがっている。原因は不明だが、天気コーナーが始まった時点で、新庄市の映像を鶴岡市とトチっており、「少なからずそのことが影響したのでは?」という推測も出ている。

「番組中に泣くなんてプロ失格」という厳しい声もありつつも、「生放送中に大人が泣くなんてそれなりの理由があると思うが、前向きに頑張って欲しい」との励ましの声が多く寄せられている。

■参照リンク
NHK山形放送局 | アナウンサー・キャスター | 岡田 みはる
www.nhk.or.jp/yamagata/

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む