【近鉄黄金伝説 】「キャンプのための自主トレした(中根)」とにかく練習する近鉄の話〈佐野慈紀×中根仁〉

 ともに現役時代に移籍を経験したこともあって、近鉄の練習量の多さと他球団との違いを実感。近鉄時代は、「キャンプのための自主トレをやっていた」と練習の厳しさを振り返り、「ちょっと休憩するとすぐにコーチが呼びに来る!」、「笛を鳴らされたりする!」、「ひどかった!」と大爆笑。「シーズン中も毎日真っ黒だった」と、高卒入団から猛牛打線の4番へと成長した中村紀洋の若手時代を振り返りながら、近鉄の強さの秘密に迫った!詳しくは動画にて!

<OBプロフィール>

佐野 慈紀(さの・しげき)
球歴:松山商業高 近鉄 中日 米独立リーグ他
現役時代、大阪近鉄バファローズのセットアッパーとして活躍。中継ぎ投手としては、日本プロ野球史上初の1億円プレーヤーとなった。NPB通算353試合登板。"ピッカリ投法"のパフォーマンスでもお馴染み。現在はBCリーグ・石川の取締役。愛媛県出身。右投げ右打ち。投手。

中根 仁(なかね・ひとし)
球歴:東北高 法政大 近鉄 横浜
パンチ力ある打撃と俊足・強肩で活躍した元・近鉄戦士。近鉄で9年間活躍したのち、97年オフに横浜へと移籍。左キラーとして翌年のVに大きく貢献した。東北高では甲子園にも出場し、ひとつ下の後輩に佐々木主浩がいる。現在は引退後のアスリートを応援するポータルサイト『アスリート街.com』の代表をつとめる。宮城県出身。右投げ右打ち。外野手。


<関連動画>
配信中の近鉄黄金伝説

この記事の動画を見る


■おすすめ記事
【近鉄黄金伝説 第4弾】⑦「仰木さんが税関で2時間...」これも伝説!? 社長が謝った'89優勝旅行〈佐野慈紀×中根仁〉
【近鉄黄金伝説 第4弾】⑥「ウィスキーの日本酒割り...(佐野)」佐野が近鉄1年目で受けた酒の洗礼とは...〈佐野慈紀×中根仁〉
【近鉄黄金伝説 第4弾】⑤ 続・練習話「永遠ランニング...(佐野)」近鉄サイパンキャンプを振り返る〈佐野慈紀×中根仁〉
続きを読む