『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がクリスマス商戦向けにパロディCMを作ったら?




目前に迫ったクリスマス商戦に向けて制作された、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のパロディCMが話題だ。

https://youtu.be/apTeM3KYswE


アメリカで感謝祭(11月第4木曜日)の翌日にあたる金曜日、"ブラック・フライデー"からデパートなどではクリスマス商戦が一斉にスタートし、年に一度の大セールとあって大勢の人々が詰めかける冬の風物詩だ。

そんなクリスマス商戦に向けて、ここ日本でもカルト的大ヒットを記録した映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の予告編を加工・編集したパロディCMが<BREAK>で公開されている。

このパロディCMは配給/製作会社ではなく、米有名小売店<ターゲット><ベスト・バイ><ウォルマート>などのロゴで幕を開ける。広大な砂漠をショッピングモールへと向かう改造車の群れ。いたるところに「バーゲン」「セール」のマークや小売店のロゴが散りばめられており、販売員のような安っぽい作業服姿のマックスやフュリオサが衝撃的だ。

ウォーボーイズたちはアップルのロゴを崇拝しており、フュリオサの首筋の焼き印も小売店のロゴ。さらに"バーゲン・ハンター"と書かれたキャップをかぶったイモータン・ジョー、背中に「50%オフ」クーポンのタトゥーを彫られるマックス、スマホに飛びつくニュークス、クリスマスツリーをかき分けて現れる武器将軍、イケアの箱を掲げるリクタス、サンタ帽をかぶったコーマドーフなどなど、あらゆる名シーンをバーゲンセールネタに置き換えている。

そして最後には「マッド・"ブラック・フライデー"マックス。金曜はショッピングへ。セールはマッドな奴のものだ」という燃えるメッセージが...。

殺伐としていたはずの世界観が、セールの祝祭感あふれるハイテンションな動画になってしまったこのパロディCM。ネット上では、

「笑える!」
「完璧すぎる!」
「これは伝説だ! 編集が素晴らしい!」
「さあ、買い物シーズンだw」

と、ユーザーたちの買い物熱(?)が高まりまくっているようだ。

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む