「刑務所一の美女」を競うミスコンが開催されて話題に 優勝は窃盗罪で懲役39年の美女!




ブラジル・リオデジャネイロにあるタラヴェラ・ブルース刑務所では毎年、刑務所一の美女を競うミスコンが開催されている。

https://youtu.be/zpv7PYokc1w


この「ミス・タラヴェラ・ブルース」コンテストは、地元のコミュニティや教会のグループによって、女性受刑者の自尊心を高める目的で行われており、今年はブラジル出身のモデル/女優のキャロル・ナカムラが司会を務めたという。

今年出場した女性受刑者は10名。<デイリー・ミラー>紙によると、最高レベルのセキュリティを誇る同刑務所内で、彼女たちは地元のボランティアの人々にヘアメイクを施してもらい、水着やイブニングドレスといった衣装に着替え、美を競い合ったそうだ。そして、武装した警備員、家族、友人らが見守る中、審査員10名による選考のもと優勝者が決定された。

見事、今年の「ミス・タラヴェラ・ブルース」に輝いたのは、窃盗罪で39年の刑を宣告されてけているミッシェル・ネリ・レンジェルさん(27)。 ブラジルの放送局<Globo>によると、2010年より売春と強盗の罪で受刑しているそうだ。そんな彼女だが、「コンテストは名誉に関わるものです。自分が女性であることを感じています。刑務所で、いかに女性であることを感じるかを学ぶ機会になりました」と語っている。

ちなみに昨年の優勝者は、麻薬密売罪で受刑しているアナ・カロリーナ・ローザ・デ・ソウサさん(22)だった。彼女はコンテストで優勝したことがきっかけで、より善良な人間になれたそうで、「コンテストは単に美を競うものではありません。審査員は共感を得られる表現力を見ています」と語っている。

このようなコンテストが行われる背景には、ブラジルの犯罪事情も関係しているだろう。同国の法務省は「ブラジルの刑務所に収容されている女性の人数は、2000年から2014年にかけて567%も増加している」と発表している。また、人権NGO<ヒューマン・ライツ・ウォッチ>によると、ブラジルは世界で4番目に刑務所収容人数過多な国であり、収容定員37万7千人のところに、なんと60万人以上が収容されているというから驚きだ。

■参照リンク
Orzzzz - Trending news and stories behind.
orzzzz.com

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む