ジャック・スパロウが好きすぎて74万円を投じて完全になりきってしまった主婦がいろいろカッコよすぎる【動画】



『パイレーツ・オブ・カリビアン』でジョニー・デップが演じるジャック・スパロウの大ファンすぎて、総額74万円を投じて全身なりきってしまった女性が海外にはいるようだ。

https://youtu.be/t7-7shIEfv4


北アイルランド、ベルファストに暮らす、4人の子持ちのアマンダ・ラージさん(43)は、テレビで『パイレーツ〜』を見ていた当時13歳だった娘から「ママ、ジャック・スパロウに似てるね!」と言われ、「ジャック・スパロウって誰?」と画面を見た途端、すぐに彼のキャラクターに引き込まれてしまったという。

「彼の生き方、自由さ、歩き方が私そっくりだったの。私自身が男っぽい性格なので」と語るアマンダさん。「だからすごく親近感を感じたわ。まるで私の分身だって感じたの」。

それからアマンダさんは、タトゥを入れ、髪をドレッドにし、歯には金歯を入れ、見事にジャック・スパロウになりきることに成功。今では毎日この恰好で暮らしているというという。「ジャック・スパロウになりきるために、74万円も使ったわ(笑)。苗字も"スパロウ"に変えたの。子供たちも今の私を最高だって言ってくれるし、今はパートの仕事の傍ら、この格好でチャリティにも参加しているのよ。人生は短いんだから、やりたいことをやらなくちゃ」。

■参照リンク
http://www.mirror.co.uk/

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む