7歳の少女がスポーツクラブで射殺 犯人は家族ぐるみの知人で事件後自殺



米ミシガン州で、7歳の少女がサッカー練習後、射殺されるという痛ましい事件が起こった。

https://youtu.be/uFBBuYGGGWA


3日夜、エマ・ワトソン・ノーリングちゃんと、エマちゃんの母親シャロン・エリザベス・ワトソンさん(37)は、スポーツクラブの駐車場に停めてあった車の中で、銃で撃たれているところを発見。二人ともすぐに病院に運ばれたが、エマちゃんは死亡、シャロンさんは重体で現在病院で集中治療を受けているという。

警察の発表によると、既に犯人は、シャロンさん一家と家族ぐるみで付き合いのあったティモシー・ネルソン・オビショー(57)であることが分かっており、彼はシャロンさんとエマさんを撃った後、自分もその場で銃で自殺している。目撃者の話では、オビショーはまずエマちゃんを撃ち、その次にシャロンさんを撃ったそうだ。これまでオビショーに精神病歴はないが、その予兆はあった可能性はあるとのこと。「我々はオビショーが、誰かにマインドコントロールされていると信じていたとする証拠を見つけています」と警察はコメントを発表している。

オビショーは、シャロンさんと彼女の恋人、そしてエマちゃんが住んでいた家の裏に住んでいたが、数ヵ月前に引っ越した後も、エマちゃんのサッカーの練習を定期的に見に来ていたようだ。この夜もエマちゃんの練習を見に来ていて、その時は三人とも和やかな雰囲気だったという。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む