元ストーン・テンプル・パイロッツ、スコット・ウェイランドが死去 多くのミュージシャンから哀悼のコメント


ストーン・テンプル・パイロッツやヴェルヴェット・リヴォルヴァーの元ヴォーカリストであるスコット・ウェイランドが、12月3日、ツアーバスの中で死亡している姿が発見された。48歳だった。


ウェイランドはこの日、自身の率いるバンド、ザ・ワイルドアバウツのツアーでミネソタ州ブルーミントンへ向け移動中だった。アメリカのメディアTMGはバスの中で眠るように亡くなっていたと報じている。一部では、死因は麻薬によるオーバードーズの疑いとの情報も流れているが、本人の公式Facebookページにも訃報が掲載され、家族のプライバシーを尊重し、正式なアナウンスはしない模様だ。

ヘロインやコカインといった麻薬への依存などがしばしば報じられ、逮捕や更生施設の入所もあった。ストーン・テンプル・パイロッツとヴェルヴェット・リヴォルヴァーという2つの偉大なバンドのフロントマンとして輝かしいキャリアを送りつつも、麻薬が原因でグループ追放とバンド解散という後味の悪い経験もしている。

同業者であるミュージシャンから、彼の死を追悼するコメントが数多く寄せられており、最も早く反応したうちのひとりは、モトリー・クルーのニッキー・シックスで、「スコットの死は悲しい知らせだ。ドラッグが原因じゃなければいいのだけど。残された彼の子ども達や家族にはつらい人生のパートとなってしまった。RIP」とTwitterで述べている。

著名なアーティストたちは、

「安らかに、貴方の平穏と音楽への感謝を」(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、トム・モレロ

「スコットの死は本当に悲しい。あの声を俺たちは失った。彼の家族に哀悼の祈りを」(アリス・クーパー

​「本当に残念だ」(元ニルヴァーナ、クリス・ノヴォセリック)

「悲しすぎる、スコットの訃報。才能のあるパフォーマーだった、彼の愛する人達、友人、ファンへお悔やみ申し上げます」(エアロスミス、ジョー・ペリー

などと悲しみとお悔やみのアナウンスを行っている。

他にもジョー・サトリアーニ、セバスチャン・バック、リッキー・ロケット(ポイズン)、ヴァーノン・リード(リヴィング・カラー)、パパ・ローチ、バック・チェリー、リッパー・オーエンス(元ジューダス・プリースト)など多くのアーティストたちが悲しみをあらわし、音楽業界には深い悲しみが漂っている。

Scott Weiland, best known as the lead singer for Stone Temple Pilots and Velvet Revolver, passed away in his sleep while...

Posted by Scott Weiland on 2015年12月3日








https://youtu.be/iRIlinY8DcM


■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む