ハリウッド版『ザ・リング』の貞子を演じた女優が美しく順調に成長していると話題に


ハリウッド版『ザ・リング』(02)で貞子役"サマラ・モーガン"を演じた女優が美しく成長していると話題になっている。


ブラウン管の中から長い髪で顔を隠しながらはいずり出てくる恐怖の貞子=サマラを演じたデイヴィ・チェイスちゃんも今では25歳。自身のInstagramには、鼻ピをあけセクシーなポーズで撮った自撮りをバンバンあげるなど、すっかり大人になった感満載だ。

On Location in Hudson 😍

Daveighさん(@daveighc)が投稿した写真 -



Nap much deserved. #longdayonset #IRL

Daveighさん(@daveighc)が投稿した写真 -



10代の頃は、人気アニメ映画『リロ・アンド・スティッチ』でヒロインのリロ役の声を担当、また宮崎駿の『千と千尋の神隠し』でも主人公・千尋役の声を担当するなど、声優としても活躍していたデイヴィ嬢。その後は「HBOの『Big Love』や『ER 緊急救命室』など海外ドラマにも出演するなど、女優としてのキャリアを着実に積んでいる模様。歌手としても活動しており、多才すぎる個性派美女である。

ちなみに続編となる『ザ・リング2』(05)では、違う女優がサマラ役を演じたそうだ。



■参照リンク
http://www.aol.com/

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む