フジ系ドラマ『サイレーン』菜々緒のマジメ系女子高生に絶賛の嵐 「マニアにはタマらん」「菜々緒見すぎてどれがどれだか分からない」


12月8日夜に放送されたフジテレビ系の人気ドラマ『サイレーン』で、菜々緒がなんともレアすぎる"真面目系JK姿"を披露。その姿が、視聴者の間で注目を集めている。



前回までの流れで、菜々緒演じる橘カラによって、木村文乃演じる女刑事・猪熊が、監禁&拷問され続ける中、その恋人で同僚の松坂桃李演じる里見刑事が襲撃を受けて意識が戻らず...という流れで迎えたこの日、作中ではカラ・猪熊・里見のそれぞれの過去が明かに。現在カラと名乗っている殺人鬼の女(菜々緒)が、その高校時代に本物の橘カラ(菜々緒)との出会い、親しくなると、彼女を殺害。
その容姿を真似た整形を自らに施すことで、彼女になりすますようになったという経緯が描かれたが、その際、菜々緒は、これまでの「橘カラを名乗る女」役に加え「本物の橘カラ」である地味なルックスの女子高生役を好演。そのレアすぎるJK制服姿に、ネット上の視聴者からは「思ったよりも違和感ないなw」「イケる!イケるで!」「菜々緒ちゃんこういうコスも似合うなwww」「マニア的にはタマらんなw」「いろんな菜々緒見すぎてどれがどれだかわからなくなってきたわw」「今回は文乃ちゃんの婦警姿もよかったけどこっちも捨てがたいなw」といった声が相次いだ

あと一時間で #サイレーン 第8話!😈 高校生の橘カラが!👓 #カナじゃないよカラだよ

NANAO1028さん(@nanao_official)が投稿した写真 -



本ドラマにおける菜々緒と言えば、これまでもセクシーなランジェリー姿や入浴シーン、さらにはウイッグとはいえ、珍しいショートヘア姿を披露するなど、実に様々な姿を披露し続けてきたが、そうした中でも今回披露したJK制服姿は極めてレアなもの。最終回に向かい、急速にストーリーが展開していく中、いくつもの顔を持つ彼女の多彩な変化にも注目したいところだ。



■参照リンク
「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」 公式サイト
http://www.ktv.jp/siren/index.html

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む