本年度賞レースの大本命!衝撃すぎる社会派サスペンス『スポットライト』、2016年4月日本上陸


本年度の賞レースの大本命とも言われているゴリゴリの社会派映画『スポットライト(原題)』が、2016年4月、日本公開されることとなった。


アメリカでは既にひと足早く、11月6日から公開されるや大ヒットスタートを飾り、全米最大の映画レビューサイトRotten Tomatoesでは満足度98%(12月8日時点)という圧倒的数字を記録。2016年のアカデミー賞に向け各国の賞レースが始まる中、第25回ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード、第41回LA映画批評家協会賞など主要賞レースで作品賞および脚本賞を獲得し、アカデミー賞最有力候補の一本として君臨している。

物語は2002年、アメリカの新聞「ボストン・グローブ」の記者たちが、カトリック教会のスキャンダルを白日の下に晒した事件を描いたもの。《SPOTLIGHT》と名のついた一面記事に、神父による性的虐待と、その事実を看過し続けたカトリック教会の共犯ともいえる関係を取り上げたのだ。彼らの追跡は、教会で長く隠蔽されてきた衝撃的な歴史をつまびらかにし、社会でもっとも権力をふるう人物たちを失脚に追い込むことになる、まさに記者生命を懸けた闘いだった......。

実在の物語を緊迫感にあふれる、スリリングなドラマに仕立てたのは『扉をたたく人』で注目を集め、2015年に『靴職人と魔法のミシン』が日本でもスマッシュヒットを記録したトム・マッカーシー監督。
真実を追求する記者に、アカデミー賞受賞作『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』での演技が絶賛されたマイケル・キートン、『フォックスキャッチャー』でアカデミー助演男優賞にノミネートされたマーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムス(『アバウト・タイム~愛おしい時間について』)などの豪華な面々が配されており、アカデミー賞の演技部門でも複数ノミネートが予想されている。



『スポットライト』は2016年4月、全国公開

Photo by Kerry Hayes © 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む