オーマイガッ!ホワーイ!?家の壁を1.5メートルの超巨大トカゲが普通によじ登っていた


サメ、ワニ、カンガルーなど野生動物が何かと問題を起こす国オーストラリアで、また新たな事案が発生。ニュー・サウス・ウェールズ サーグーナの家の壁に巨大トカゲがよじ登り、住人が通報するというクールなニュースが飛び込んで来た。



被害者はエリック・ホランドさんという80歳のおじいちゃん。家の後ろにある小屋を修理する作業をし、ふと我が家をみると5フィート(1.5メートル)のトカゲが家の壁に張り着いていたという。回想によると、なにか強打するようなノイズが聞こえてきたので、裏庭から見てみると舌が青いトカゲが巨大な尻尾で排水管を叩く音だった。「こんな巨大なトカゲ今までここに住んでいて見たこともなかった」と言いつつも、エリックさん、ちゃっかり写真を撮影する冷静さもあり、公開後、画像は瞬く間にSNSで話題になった。

この巨大トカゲ、最大だと8フィート(2.4メートル)に成長するそうで、その強力な尻尾で子どもや犬が攻撃された事例もあるという。





■参照リンク
USA TODAY Twitter
https://twitter.com/USATODAY

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む