尿管結石でまさかの欠場となったメッシ、置き土産となった練習での超人フリーキックが話題に【動画】



クラブ・ワールドカップで来日し「メッシが見れる!」という期待がまさかの尿管結石による欠場という残念すぎる結果となってしまったバルセロナのリオネル・メッシ。今となっては「置き土産」となってしまったスーパーすぎる練習シーンがネット上で話題となっている。

https://youtu.be/fArsj9-xdIQ


ピッチの左サイドから右端になる小さなゴール目掛けて蹴りこんだボールが、見事に吸い込まれていくシーン。突然起きた「現象」の凄さは、その場に居合わせた子どもたちの歓声からも感じ取れるが、実はこれ3度めの正直で決めたそうだ。

これまでもアルゼンチン代表の練習シーンで、ピッチから2階くらいの高さにいるアグエロと驚きの距離でパス交換する姿や、日本のバラエティーでの「リフティング・ハイ」などでも伝説を作ってきたメッシだが、今回の超絶精度のFKも、超人メッシの「新たな伝説」に加えられることになるだろう。

メッシが欠場したアジア王者の広州恒大戦は結局、スアレスのハットトリックで快勝し「メッシもネイマールもいなくても楽勝じゃないか」と胸をなでおろすバルサファンもいるだろうが、今年前半ケガで棒に振ったメッシ。年末の公式戦に元気に復帰してくれることを願うばかりである。

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む