フォードマスタングVSドリフト仕様のランボルギーニ!日米ドリフトキング対決がアツい(廃墟好きも必見)【動画】



フォーミュラ・ドリフトチャンピオンのヴォーン・ギッティンJRと斎藤太吾二人のドリフト・レジェンドが対決!モンスターマシンをあやつり、ありあまるパワーを全開にして駆け抜ける。エナジー・ドリンク「モンスターエナジー」による映像が公開された。

https://youtu.be/hepFlpCdTgU


今回二人が対決の地に選んだのは、新潟阿賀野市のロジア村。マニアには有名な元テーマパークの廃墟スポットだが、ここでギッティンのフォードマスタングRTR(550HP/5.0L/V-8)と、斎藤のドリフト仕様のランボルギーニ・ムルシエラゴ(650HP/V-12/RWD)が、峠を攻めパーク内の殺風景な廃墟でトップレベルの技を披露する。

モンスターエナジーがサポートするドライバー、斎藤のドリフト・ランボルギーニは、マシンの制作段階からドキュメントとして追われ続けている。今回のトップドライバー同士のドリフト対決もド迫力のエンジン音などを含め、その魅力をあますところなく収録している。

https://youtu.be/CAzjNZKL8wc


■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む