スタローンが『ロッキー』関連の衣装など1400点をオークションに出品!約1800万円の記念品も


シルヴェスター・スタローンが、「ロッキー」シリーズなど自身の50年の映画産業での活動にまつわる1400点を超える記念アイテムを競売にかけた。


スタローンにまつわる映画作品のコレクションで今回画像と共に公開されたのは、『ロッキーII』で使用したタイガーのジャケット42,500ドル(約515万円)、トレーニングシーンで仕様した縄跳び7,500ドル(約91万円)、『ロッキーIV』のドルフ・ラングレンが着用したソ連をイメージしたリング衣装45,000ドル(約545万円)、アポロのアメリカ国旗をイメージした衣装、43,750ドル(約530万円)、ロッキーのトランクス51,250.ドル(約620万円)など。

特に高額に設定されているのは一作目の「ロッキー」関連のコレクションで、黒いジャケットは149,000ドル(約1805万円)、さらにトレーニングシーンで着用していたスウェット、シューズ、ニット帽も含まれているが、映画を象徴する記念品ということでかなりの高額で落札されることが予想される。

なおこのオークションで得た収益の一部は、アメリカの退役軍人や国のために負傷した人たちを支援する活動に寄付することを決定しており、今後オークションにかけるアイテム全てをウェブ上で公開する予定だという。















■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む