身長2メートル3センチ、体重113.5キロのレブロン・ジェームズ、ルーズボールを追いかけ観客席の女性に正面衝突→女性、病院へ搬送【動画】



NBAのキングこと、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが、12月17日のオクラホマシティ・サンダー戦で観客席前列の女性に勢い余って衝突するというひやりとするアクシデントが起きた。

https://youtu.be/_ZX86oeUYzA


第4クォーターの終盤にボールを追いかけるレブロンは、座席に向かって一直線に突っ込み、客席にいた女性共々床に叩きつけられた。この女性、プロゴルファーのジェイソン・デイ選手の夫人エリーさん、その後夫に付き添われ救急車で運ばれたがケガはなかったというが、11月に出産したばかりということもあり大事をとって一晩入院したそうだ。

大事には至らなかったものの、レブロンは試合後に「ルーズボールを追いかけて結果的にこのような事になって残念だ。彼女の健康が気がかりだ、大丈夫だといいのだけけれど」と最後まで気遣っていたそう。客席とコートの距離が近いことで迫力あるプレイを楽しめるバスケットボールの試合だが、時として選手が客席へ飛び込んでくるという激しい一面もあることを改めて感じさせるシーンだ。

ちなみにレブロン・ジェームズは身長203cm、体重113.5Kg。これだけの大男が観客席に猛スピードで突っ込んできたことを考えると、エリーさんがケガ一つなかったことは奇跡的と言えるだろう。

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む