『あさが来た』金八すぎる福沢諭吉が再び番組荒らし!「もはや武田鉄矢だけで幕末ドラマがつくれる」


12月24日放送のNHK連続テレビ小説『あさが来た』に、俳優・武田鉄矢が「金八すぎる」福沢諭吉役で再び登場しドラマ前半を金八節で別番組に染めた。


東京に来たあさ(波瑠)が久々に実家の今井家の父、今井忠興(升毅)、弟、今井忠嗣(興津正太郎)と再会する大事なエピソードにも関わらず、前半では武田鉄矢が金八節を炸裂し、脇役にも関わらずドラマを完全ジャックした。ネット上でも「武田鉄矢、もう台本2ページノンストップで喋ってるw」「だまれ!www」「金八なのか福沢諭吉なのかまるでわからない」と大盛り上がり。

また同番組に福沢諭吉役で登場したことをきっかけに、武田がこれまでかなりの数の幕末キャラを演じていたことが指摘されている。「全て武田鉄矢で幕末ドラマがつくれる」という声もあり、カオスな武田鉄矢一人による"幕末の偉人"相関図も登場。

確かにこれまで、『JIN』では福沢諭吉と適塾で師弟関係にあった緒方洪庵、『龍馬伝』では福沢と犬猿の仲だった勝海舟、さらには『幕末青春グラフィティ』では坂本竜馬を演じてきた武田鉄矢は、幕末人脈図を過去の出演作で制覇しつつある。巷では「それぞれの出演シーンを切り貼りしてもドラマ作れそう」との意見もある一方、「どれを見ても金八」という声もあり、武田鉄矢という"劇薬"で演じ分けるドラマは、一体どこまで需要があるのか疑問ではある。



■参照リンク
『あさが来た』公式サイト
www.nhk.or.jp/asagakita

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む