『仮面ライダー鎧武』佐野岳が人間離れしすぎた運動能力で「最強スポーツ男子」優勝して話題に 「本当に神様だった」


12月23日に放送された『最強スポーツ男子頂上決戦』で16人の芸能人の頂点に立った佐野岳。過去2回の覇者、EXILE・関口メンディーから王座を奪還、『仮面ライダー鎧武』から親しみのある特撮ファンが食いつき話題を呼んでいる。


実は佐野、スポーツが得意な芸能人たちが肉体を極限まで高めて挑むという『最強スポーツ男子頂上決戦』2012年の初代王者で、4年ぶりの「返り咲き」という表現が適切だ。しかし特撮ファンをはじめ、2013年の『鎧武』で広く知られ始めたということもあり、ネット上でも「バケモノじみたパワーでした」「佐野岳めっちゃカッコイイ」というコメントが殺到。さらに、『仮面ライダー』では最後神様になるという設定だったこともあり「本当に神様だった」「神様!」「佐野くんまじで神だよ」などと役になぞらえた声も。また、先日の『オールスター感謝祭』のミニマラソンでも優勝を果たすなど、常日頃から噂になっていた佐野の運動能力の高さを目の当たりにし、驚いたというコメントも出ている。

中学時代はサッカーで、現在ドイツでプレイする宮市亮らと共に愛知県代表に選出、大学時代はラクロス部、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリ受賞の際もフィジカルの高さをアピールするなど、アスリート並みの身体能力に評価が高かった佐野。『仮面ライダー鎧武』でも生身のアクションシーンをほとんどこなしたという逸材で、関係者の間でも"平成ライダーフィジカル最強説"が出ていた。

先日最終回を迎えた『下町ロケット』でも技術者役で登場、もう一人の仮面ライダードライブだった竹内涼真も出演していたため、"仮面ライダーが二人もいる佃製作所"というのが特撮ファンの間ではネタ化していた。そんなファンから愛される佐野だが、今回の「スポーツ男子No.1」襲名で来年のブレイクに期待したいところだ。

https://youtu.be/I_09oIpM380


■参照リンク
『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦』公式サイト(TBSテレビ)
www.tbs.co.jp/spodan/
佐野岳オフィシャルブログ
ameblo.jp/gaku-sano

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む