激しくデジャヴ... またしてもGKの投げたボールが相手の頭に当たる珍失点が発生【動画】



実はこの手の失点は多いのかもしれない......ドイツの試合で起きた珍失点がきっかけで、3ヶ月前のメキシコでの試合が話題になっている。

https://youtu.be/72YxLlAFl10


12月6日に行われたドイツ3部の北部リーグの試合、TSV Travemünde対SC Rapid Lübeckにおける出来事だ。見事にボールキャッチしたキーパーは、何を焦ったのか、前方にスローインすると相手チームの選手のヘッドに直撃。ボールは見事にゴールへ突き刺さった。

あまりにもまぐれすぎるゴールに、喜びすぎた相手チームと、がっくりと腰を落としたキーパーの姿が、このラッキー過ぎるゴールを物語っている。あれ?このシーン、数ヶ月前にも見たような記憶が...

そう、9月にメキシコのカップ戦、ネカクサ vs サカテペクでも似たようなお粗末な失点シーンがあったのだ。このときもキーパーが見事にフリーキックをキャッチした後に、相手チームの選手の後頭部にボールを当てて、全く同じような失点。

両方とも、

1)キーパーが好プレイの後にやらかしている
2)焦ってスローイン
3)なぜか目の前に相手選手がいるのを気付いていない

と共通点多し。

勝手な想像だが、良いプレイをした後、「ドヤ状態でいきがってしまった」「好セーブの後で『次は俺たちの番!』と気負い過ぎ」「カウンターを狙いすぎて前に集中が行ってない」。多分全部「YES」だと思うが、3ヶ月で2度もこんな失点シーンを見るなんて思いもよらなかった。

https://youtu.be/PynLzeGTlnY


■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む